建売分譲か注文か

スライド窓のある白い家

住宅を購入するということは、住む場所を半永久的に確保することでもあり、不動産という資産価値を所有するということでもある。
その中でも一戸建ての住宅は、集合住宅とは違い土地付きであるという特徴がある。
集合住宅はアパートやマンションといった、一つの土地に複数の世帯が住んでいる地域のことである。
このため、もしリフォームをしたいとしても、増築や減築をすることはできないのである。
外壁も自分の階だけを勝手に塗り替えることもできない。
その分、修繕費用は全世帯で持つので安上がりであるともいえるが、全世帯の同意を得なければならないので気軽にはできない。
一戸建てであれば、自分で好きなときに外壁を塗り替えたり、リフォームで新しく部屋を増築したりすることも可能なのである。
一戸建ては自由度が高いので、理想のマイホームの形式となっている。

一戸建てを手に入れるには、建売や分譲、中古といった選択肢がある。
中古であれば安い値段で手に入れることができるのが魅力である。
こういった物件は不動産業者を訪ねればすぐに物件を検討することができる。
不動産業者は見学にも連れて行ってくれるので、書類だけでなく実際に自分の目で見て家を購入するかどうかを決めることが可能である。
また、注文住宅にすれば自分の好きなデザインで住宅を建設することができるのが最大の魅力である。
設計から建築まで、一から十まで関わることができ、家が出来上がる様子も見られる。

土地から選ぶ

ソファの置かれたリビング

マンションなどの集合住宅の分譲とは異なり、一戸建て住宅を建設するには土地を選ぶ必要がある。建売型であれば住宅メーカーが造成した住宅地の中で選び、注文住宅であれば自分で探すことから始める。

Read More

家族でデザイン

クレイで作られた小さな家

一戸建てを購入するときに、家の設計は一人で決めるのではなく、家族全員の意見を反映させる必要が出てくる。いろんな住宅のデザインを知り、意見を総合して検討しなければならない。

Read More

建設業者を決める

オリーブ色の壁の住宅

住宅を建設するときには、設計士や建築業者などの力を得なければならない。建設に関わる業者には、建築士と住宅メーカー、工務店などがあり、それぞれ得意分野が違うので、特性に合わせると良い。

Read More